GOSE@プロ野球観ようぜ!

阪神タイガースを中心に、プロ野球についての情報発信サイトです

GOSE@プロ野球観ようぜ!

猛虎打線が菅野切り!乱打戦を制した令和の虎!矢野監督「守屋」投入の継投策も見事!

開幕当初はガタガタで、今年も最下位やなあって悲観的になっていましたが、投打共に持ち直してきて勝ち越しも多く、面白い試合を魅せてくれている、我らが「阪神タイガース」

 

昨日の巨人との1戦では、先制点を取られながらも、先発青柳と中継ぎ陣の粘り強い投球、猛虎打線も随所で存在感を発揮し、阪神が2点差を守り切って、勝利した試合でしたね。

 

そして2019年5月15日 東京ドームで行われた「阪神vs巨人」8回戦

 

結果は、乱打戦を制した阪神が13点を奪い快勝!

 

令和になって2回目となる伝統の1戦、超満員の東京ドームで投げ合うは巨人エースの菅野と、虎のベテラン投手岩田!

 

どのような試合だったかというと・・

 

阪神vs巨人 伝統の1戦を観戦しての感想

今日も勝って、平成から令和にかけての6連敗を、返す時が来た!!て感じですね。絶対に勝ってほしい1戦

阪神スタメン

1 (中) 近本 光司 

2 (二) 糸原 健斗

3 (右) 糸井 嘉男

4 (三) 大山 悠輔

5 (左) 福留 孝介

6 (捕) 梅野 隆太郎

7 (一) マルテ

8 (遊) 木浪 聖也

9 (投) 岩田 稔

f:id:GOSE:20190405211017j:plain

巨人スタメン

1 (左) 石川 慎吾

2 (遊) 坂本 勇人

3 (中) 丸 佳浩

4 (三) 岡本 和真

5 (右) 陽 岱鋼

6 (一) 中島 宏之

7 (二) 山本 泰寛 

8 (捕) 小林 誠司 

9 (投) 菅野 智之 

 

試合展開について

投手戦、少し阪神の分が悪いかな?とか思っていましたが、猛虎打線が開始早々から先発・菅野に襲い掛かり、3番糸井の2号2ランで先制したかと思えば、2アウト1・3塁の場面で、7番マルテがタイムリーを打ち3点目!

f:id:GOSE:20190515210116p:plain

糸井曰く「打ったのはスライダー。しっかりいいスイングをすることができました。相手がいい投手なので、初回から先制することができてよかったです」

久々に巨人相手に先制点を挙げているのを見た気がしますが、菅野の調子が悪いのか猛虎打線の調子が良いのか、2回表1・3塁のチャンスに、4番・大山と5番・福留が続けてタイムリーを打ち、2得点を追加!

 

2回表の時点で、阪神 5-0 巨人

 

ただ巨人打線も流石というべきか、先発岩田が少しずつ崩れ始め、2回以降、毎回失点を積み重ねて4回途中4失点で降板。

 

1点差まで詰め寄られ、かなり嫌な雰囲気が流れた4回、矢野監督が先発・岩田を下げて2番手「守屋 功輝」をピッチに投入し、代打・重信をゴロに打ち取ってピンチを脱しています。

 

回またぎとなった5回裏には、巨人クリーンナップの坂本、丸、岡本を三者凡退に切って落とす力投!!

 

昨日の巨人戦では7回にジョンソンを投入するなど、継投策がピタっとハマっていますね、矢野監督!

 

嫌な流れを断ち切る 福留の一発!

阪神 5-4 巨人 ジワジワと点を重ねて追撃してくる巨人に、冷や水を浴びせかける菅野キラー福留の4号ソロホーームラン!!

f:id:GOSE:20190515212542p:plain

(菅野も、この表情)

 

福留曰く「売ったのはストレート。相手にいきかけていた流れを取り戻すためにも、1本打つことができてよかったです。まだまだ追加点を取れるように頑張ります」

 

嫌な流れを断ち切る、見事としか言いようがない1発!スカっとしましたね~

 

菅野に引導を渡す、大山の超特大弾!

菅野は6回も継投となりましたが、先頭打者・木浪にソロホームランを打たれるわ、フォアボールは出すわ、味方のエラーが出るわ、糸井に犠牲フライを打たれるわ、でグダグダしてましたが・・・

 

引導を渡したのは阪神の4番大山!!

f:id:GOSE:20190515213625p:plain

初球147キロ のシュートを完璧に捉え、打球は大きな弧を描く超特大弾は、東京ドームのレフトにある「能見防災」の看板に直撃!

 

「狙い球をしっかり1発で仕留めることが出来ました。追加点を取っていい流れで打席が回ってきたので、その流れに乗って自分も打つことが出来て良かったです」

 

とんでもない飛距離、菅野のメンタルを木っ端微塵にしてくれましたね!

試合終了まで

菅野は自己ワーストとなる4被弾10失点、6回途中で降板となりました。

 

その後は7回表に巨人2番手・中継ぎ田口から梅野がソロホームランを打ち、その裏には巨人の丸が意地の3ランホームランをブチかましてくるなど、お互いイケイケの完全な乱打戦。

 

8回には阪神・木浪が2点タイムリーヒット、その裏には巨人代打・亀井が阪神中継ぎジョンソンからタイムリーで1点を返してくるなど、点の取り合い。

 

スコアボードに0が付く方が少ない内容でしたが、最後はドリスがピシャっと締めて、終わって見れば阪神 13ー8 巨人

 

見ごたえたっぷりの、伝統の1戦は幕を閉じました

 

最後に 試合感想について

テレビのチャンネルを合わせた時、「5」という数字を見て「あ~負けてるわ~」とか一瞬思ってしまったのですが、よく見たら阪神が序盤に5得点挙げてたので、ついつい「よっしゃ!」って声を上げちゃいましたね。

 

菅野が序盤から大炎上、猛虎打線が大爆発!

 

例え点を取られても、すぐさま取り返す猛虎打線も見事でしたが、ターニングポイントは4回途中の「守屋 功輝」投入でしょう

f:id:GOSE:20190515220417p:plain

ヒーローインタビュー、火を噴いた猛虎打線陣ではなく「「守屋 功輝」」でしたが、プロ初となる勝利投手

 

平成から令和へ、シーズンをまたいで対巨人戦9連敗からの2連勝!

 

次戦は17日から甲子園で始まる、広島との3連戦!

また気合を入れて応援したいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

ランキング応援も良ければ!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 


阪神タイガースランキング